Q & A

よくあるご質問

Q:職場見学は可能ですか?

A:随時可能です。但し、施設内を案内する職員のスケジュールを調整する関係上、事前に見学日時の予約をお願いしております。
Q:他施設への異動はありますか?

A:法人の体制変更・人材育成・本人の意向を考慮したうえでの異動はありますが、法人の事業所がすべて同一敷地内にありますので、通勤に関しての変更は生じません。
Q:自家用車による通勤は可能ですか?

A:可能です。但し、通勤距離が片道2キロ以上の職員が対象となります。
Q:新任職員の教育制度はどのようになっていますか?

A:各施設により多少の違いはありますが、法人の統一ルールとして、チューター(教育係)制度を度いう入しており、新任職員が階層別にある程度のレベルに達するまではマンツーマンで指導にあたります。
Q:介護職員として働くためには、どのような資格が必要ですか?

A:当法人では、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)以上の資格を有する方を求めております。また、入職後に、ステップアップとして新たに上級資格を取得されるケースもあり、その試験対策としてのフォローアップも行っています(介護福祉士を取得すると正職員登用としての道も開けます)。
Q:夜勤はいつごろから始まりますか?また、頻度はどれくらいですか?

A:各施設により多少の違いはありますが、入所系の施設においては、入職後3ヶ月を目途に上級職員の指導を受けながら夜勤について頂き、6ヶ月を目途にチューターを外して夜勤業務について頂く形をとっています(本人のレベルに応じて多少の日程増減あり)。また、夜勤の回数も施設によって多少の違いはありますが、基本的には1週間に1回程度です。
Q:業務で車の運転はありますか?

A:在宅系(通所介護・訪問介護・訪問入浴・居宅介護支援センター・包括支援センター)事業につきましては、業務の中に運転が含まれています。
  入所系(特養・養護)施設につきましては、運転業務はほとんどありませんが、相談員の訪問や入所の通院付添などで運転することはあります。
Q:相談員として初めから働けますか?

A:本人の技術スキルや経験によります。業務を行っていくうえで現場経験をもう少し積んだ方が良いと判断した場合には、スキルが身に付くまでの間、他の業務を経験して頂く場合があります。
Q:男性職員と女性職員の比率は?

A:施設や部署により異なりますが、法人全体では男性職員27%女性職員73%となっております。
「育児」は大丈夫!?
同胞互助会はここが違う!
キャリアデザイン
エントリーはこちら